玄米ダイエットをする時に心がけておきたいことについて

玄米が体に良いということはすでに広く知られていることだと思います。でも、実際に玄米食ダイエットを経験したことのある人はどれほどいるでしょうか。まず、玄米は普通米に比べ若干値段が高いのが普通です。同居家族がいる場合、玄米を好まない家族がいる、またはお年寄りや小さな子どもがいると、二種類の飯を用意しなければならず手間がかかります。さらに、玄米を炊くには圧力鍋が必要だの、炊飯器でも玄米モードにする必要がありますし、浸水時間が長いためにかなり前もって準備が必要、などいろいろと気遣いも必要です。一人暮らしならまだしも、家族がいると挑戦しにくい要素があるのも玄米ダイエットといえるかもしれません。しかし、確実に効果が見られるのも玄米ダイエットであると言えます。主食なので、毎日続けるのが簡単というのが一つ目の理由です。どんなによいダイエット方法でも続けなければ効果が期待できないことを考えると、継続しやすいということは大変大きなメリットです。玄米は噛み心地が堅い、あるいはボゾボゾして食べにくいという人がいます。人の好みもありますが、慣れれば玄米ならではの美味しさと思うようになり、かえって普通米が物足りなく感じるようにさえなるかもしれません。実際、少々堅めなところは、しっかりモノを噛む習慣につながりますし、引いては口周りや頬の筋肉に刺激を与えることで肌に張りを与えるという二次的な効果も期待できます。玄米ダイエットをすることで直接影響を感じ入られるのは、体調と気分です。実際、続けることで体が軽くなり、体調が良いと感じられるようになると思います。理由の一つは、玄米を主食にすると、おかずは自然と健康的なものを合わせたくなるからです。玄米食をキッカケとして、意識せずとも体に良いものを食べる習慣がつき、食生活全体が改善されていくのです。そのようなことから、玄米食を続けた人が口々に健康効果を主張するのは当然のことなのです。筆者ももちろん、その経験者ですので自信を持っておすすめできます。炊くのが大変という問題については、時間のあるときにまとめて炊いておき、パッケージに小分けにして冷凍しておけば解決します。実は、一度冷凍すると食感が若干変わってしまうので、出来れば冷凍しないで食べたいという人もいるかもしれませんえ。数日程度であれば、冷蔵庫でも十分保存可能ですので、まとめ炊きは数日分の量にしておけばよいでしょう。電子レンジで温めれば炊きたての食感が楽しめます。例え、一緒に食べるのがシンプルなお漬物だけでも玄米なら驚くほどの食べ応えがありますので、その点も大食予防となりダイエット効果の一つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>