ダイエットしたいけど炭水化物がやっぱり好き

私は35歳です。身長が181㎝で体重72㎏です。BMIでいうと標準体重になります。この体重になるまでに色々なダイエットを試しました。私は26歳で一人暮らしするまでは、高校生で身長が止まって以来、ずっと標準体重より10㎏少ないかなりの痩せ体型でした。太る事なんて全く知らなかったのですが、毎日朝御飯以外は、外食した結果太ってしまいました。特に仕事の日の昼御飯は毎日、吉野家で牛丼やソースカツ丼を食べていました。半年間これを続いて、実家に戻った後も全く体重が減らないようになってしまいました。30歳過ぎてからで最高90㎏までいったこともあります。スーツもきつきなってきたので、ダイエットを試みました。まず最初に始めたのは、記録ダイエットです。食べた物の毎日の記録と起床後と就寝前の体重を記録するダイエットです。記録をすることで体重を気にするようになり、少しは痩せました。しかし、食べた物と体重の増減を分析する事は出来ず、ただ単に記録するだけにとどまっていました。あと毎日食べた物を記録するのが、けっこう面倒くさいので続けるのが難しくてやめました。ただし、体重の記録だけは今も続けています。次に試したのが糖質制限ダイエットでした。大好きなご飯やラーメンを封印して豆腐やふすまパンを毎日食べていました。90㎏あった体重も70㎏台まで減りました。しかしこれのデメリットは、豆腐やふすまパンも毎日食べてるとフラストレーションがたまってきます。しかもオカズをその分、とってしまうので、リバウンドもけっこうありました。そんな中、出会ったのがMEC食ダイエットです。これは糖質制限と違い、何を食べるかがはっきりしている為、やりやすいです。MECのMはミートで肉、Eはエッグで卵、Cはチーズです。この3つを食べていれば、必要栄養素が全て満たされ、高タンパク質なのでお腹も満たされます。野菜をとりたい場合は、葉野菜であれば糖質が少ないので大丈夫だということです。MEC食は糖質がほとんどないので糖質制限と近いですが、MEC食ならどれだけ食べても太らないというものです。これを試したらどんどん痩せていき72㎏の標準体重に達しました。しかし、3食ともMECにするにはデメリットがあります。それはとてもお金がかかるということです。卵はそんなにですが、肉もチーズも高いんです。なので経済上、ご飯も食べないと量自体が少なくなってしまいます。そこで私が現在やっていりダイエットが食事の順番ダイエットを自分でアレンジしたものです。1日2食で昼と夜は食べます。まず野菜から食べて血糖値が急上昇しないようにします。次に肉、チーズ、卵、魚などのタンパク質をとって、最後にごはんや麺類などの炭水化物をとります。この順番で食べると太りにくいのです。あとは寝る前の2時間前までに食事を済ませれば、標準体重をキープでき、好きな炭水化物もとることができるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>