yokone2を使って睡眠をとると首や肩の痛みから解放される!?

 枕といっても素材、形、様々なものがありますね。
 最近は低反発の素材をよく見かけ、主流とも言えるのではないでしょうか、首に負担が掛からないように形が工夫され、ゆっくり沈んで自身のカラダにフィットする、またへたってしまうことなく元の形をずっとキープしてくれていて一件長持ちしそうですが、私は個人的には若干硬いため横向きで長時間いると耳が痛くなったり…おそらく寝相の良い方にはお勧めなのかもしれません。

 よく見かける枕にはポリエステルの綿もあります、セット物のふとんについてくることが多いのではないでしょうか、私的にはクッションの素材のイメージです、ふわふわで弾力性があってなかなか快適なのですがちょっとホコリが気になりますが枕カバーで工夫したり、また低反発もそうですが通気性が悪い感じはありますが、結構ガンガン洗濯ができて清潔に使用できる感じがしますが、綿ヨレ、ヘタレが早いようにも感じます。
 見た目が似た感じでは羽毛のありますが羽毛はふわふわの他に弾力性も高く、ヘタリが無いように感じます、通気性はよいので、私は羽毛が主流となっていますが、人によってはに臭いが気になるですとか、ちょっと古くなると羽の硬い部分から外に飛び出してしまったりと好みがはっきり2分する素材なのではないでしょうか。

 老舗旅館や田舎のおばあちゃんちなどではそばがらの枕を使っていたりするところもあるのではないでしょうか、そばがらは程よく沈み動く頭の形に変化してくれ、通気性もばっちりです、私は結構好きなのですが、ジャラジャラ音がするため寝付けない時などは気になってしまって愛用はできません。似た感じではパイプ素材があります、通気性に優れパイプの硬さも選べるようですがそばがら同様に音がします、ただそばがらよりは衛生的な感じもします。

無理のない睡眠をするのであれば、yokone2がおすすめです。実際にyokone2を使うようになって首や腰の痛みがなくなった人は非常に多いです。
yokone2の公式サイトでは横寝がなぜ効果的か解説をしているので参考にするとよいかもしれませんね。

 このほかにもさまざなな素材もありますが一般的な枕はこんなところではないでしょうか。
 また、様々な形もあって、中央がくぼんでいたり、細長い形だったり波型になっていたり、最近ではユニット枕と言ってなん分割に分けた様々な大きさの枕を組み合せ自分流の形にしてより自分好みにできる枕、専門店で体に合った枕を分析して自分だけの枕なんかも作れるようです、枕は安眠の重要なアイティムです。使い慣れたものが一番いいのでしょうが機会があって買い替えの際は少し安眠にこだわって選んでみるのもいいのではないでしょうか。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>